天才アカデミー旧居留地79:「7つの習慣」読書会

年収1000万円未達のくすぶり系チャレンジャー層に贈る、天才アカデミー旧居留地79の勉強会シリーズ。 第1回は桶下眞理さんによる読書会。 レゾナンスリーディングのエッセンスを盛りこみながら、 読みごたえありすぎて挫折しやすい「7つの習慣」がめちゃめちゃ理解できる会。


Contents


5月22日(火曜)


「7つの習慣」
めっちゃわかりやすく理解したい人のための読書会

  • 日:2018年5月22日(火曜)
  • 時間:18時30分(開場18時からショウゾウさんの漫談タイム)
  • 場所:天才アカデミー旧居留地79
  • 参加費:4000円(交流会は希望者のみ別途)
  • 持ってくるもの:「7つの習慣」


天才の勉強会は、
読書会からはじまる。
>読書って、
>ひとりでするもんじゃないの?


て思った人もいらっしゃるでしょう。
たいていの場合はそうなんですけど、
みんなで読むと、
読書に対する固定概念がガラリと音を立てて崩れてしまう‥‥
らしいんです。
なぜなら今回の読書会は、
レゾナンスリーディングという魔法の速読法を使った読書会だから。
はあ?
レゾナンスリーディング
って
知ってますか?
わたしはまだ知らないので、
この読書会をとても楽しみにしているのだが
>1冊20分、
>読まずに「わかる!」すごい読書術

なのだとか。
(そのまんまのタイトルの本もあるぞ。)
簡単にいうと、
巷にある速読法の良いところをいろいろぎゅーっとモーラした読書法で、
あの神田正典さんが推薦しているんだから、
きっとすごい読書法にちがいない。
そのエッセンスを30%ぐらい盛りこんだ読書会だ。

撮影:桶下眞理

今回チョイスした本は
スティーブン・R・コヴィー著
「7つの習慣」
いわずと知れた、
中小企業経営者なら読んでおくべき必須の一冊だね。
>ラーメンで世界進出まで果たした一風堂の社長は、
>「7つの習慣」を取り込んでビジネス展開してるって知ってましたか?
>一風堂のスタッフさんたちは、
>7つの習慣をお店の経営に取り入れるために講座に参加したりして、
>一風堂のミッションを叶えるために日々がんばっているんですよー!
(桶下眞理)

しかし、
この本はとても手強く、読み応えがありすぎて、
本は買ったけど、読めていないという人もたくさんいるのでは?
だからこうして読む時間を作るのです。
この読書会に参加すると持ち帰ることができるギフトは3つ。
  • 魔法の速読法レゾナンスリーディングの速読法が体験できる
  • 「7つの習慣」がどんな本だかわかり、まわりに「どんな本だった?」ときかれたときに自分の言葉で伝えることができる
  • 自分の経営や売上アップに特に必要な習慣が具体的にわかる

「7つの習慣」には「まんがでわかる」やつとか、
いろんなバージョンがあるけど、
どれでもかまわないから本は必ず持参してくること。
この勉強会は終了しました

読書は充実した人間を作り、
会話は機転の効く人間を作り、
書くことは正確な人間を作る。
フランシスベーコン

天才の勉強会は、
桶下眞理からはじまる。
平坦に生きてない感じが、
いいよね。
とっても不器用でシャイなのに、
いつでもいろんなことにチャレンジして、
社交的に行動して自分の殻を破っていく。
いいよね。
はやらせ太郎との出会いは10年前、
当時、彼女は女王だった。
5月22日は、ミクシィ女王さま登壇、
はやるよセミナーの10周年記念日でもある。
もともと本を読もうとすると眠くなるタイプで、
本を開くと同じところばかり何度も読んでしまうような彼女が、
レゾナンスリーディングと出会ったことで、
本を読んで理解できることの幸せを知ったのだという。
その極意を教えてもらおう。


帰ってきたミクシィ女王♪
変わったようで、やっぱり変わってなくて嬉しい

手帳オーガナイザー

桶下眞理(オケマリ)


熊本県生まれ。幼少期までに10回以上引越し後、神戸で育つ。 バブル崩壊後の就職氷河期に総合職を目指すも数々失敗。しぶしぶ保険営業職に就職するも10ヶ月で退職。
 その後も、パワハラやブラック企業、リストラ等で、長く続かず、転職を繰り返す。
 就職をあきらめ派遣女子となり、クーラーなしの月10万円台、極貧ひとり暮らしで、経験した仕事は20を超える。
 システム会社の倒産がきっかけで、カネなし、コネなし、人脈なしの状態で、夢のひとつだった通販店を立ち上げる。 独立後も必死にSNSやITの勉強会に参加し続け、無借金経営を続けている他、多動力を生かし、9つのビジネスの柱を作る。 現在、仕事も人生も思いのままなワークライフミックス仕事術を伝えている。

この勉強会は終了しました